特定調停も任意整理による解決と同じくおのおのの債権者に対して借金の支払いを続けていくことを前もって決めた債務の整理の形のことをいいます。言い換えるなら裁判所がやる借金整理ということができます。任意整理による処理と同じように、破産申告とは異なりある部分のみの負債のみを整理していくことになりますので他に連帯保証人が関与している借入を除いて処理していく場合やマンションのローンを別として手続きしたい際なども活用することも可能ですし財産を処分することは必要とされていないので、自動車や有価証券個人資産を持っているけれど処分してしまいたくない状況でも有効な債務整理の手続きです。手続きを取った後の返済に必要となる額と所得額を比較検討してだいたい完済が見通せる場合においては特定調停の手続きを進めることは可能ですが自己破産とは異なって借金自体が消えるのではありませんので借りている総額がかなりあるような場合は、この特定調停という手続きを踏むのは難しくなると考えるのが無難でしょう。さらに、国の機関が中に入るので弁護士等に見てもらわなくても不利になってしまう心配はないということや解決のための費用を低くおさえられるという点がありますが、貸し手の取り立てに対し自分で対処する必要がある点や、文字通り裁判所に数回出頭する必要があるなどといった要素もあります。それから、任意整理による解決と比べると、調停が終わる段階で解決できない場合は利子をすべて付けた額で振り込んでいくことになるということや最終的にそれら債務者に対して返済していく金額が任意による整理の場合と比較して割増しになる傾向があるなどといった注意が必要な点もあります。